何でも屋さんと核の平和利用について語った

何でも屋さんと語ったのは、核についてです。
すなわち、核の平和利用に関することです。
核は善にも悪にも使用できます。
よく使えば、原子力発電所の原子炉として、電力を安全に大量に生み出します。
このおかげで化石燃料の枯渇という心配はあまりありません。
現在の電気が幅広く使用でき、豊かな暮らしができています。
しかし、いったん悪いことに使うこともできてしまいます。
すなわち核兵器の存在です。
世界で唯一の被爆国である日本は、この恐ろしさを1番知っている国でしょう。
原爆や水爆といった核兵器は大量破壊兵器です。
たった1発の核ミサイルで、驚くほどたくさんの死傷者が生まれます。
そのため、何でも屋さんと核の平和利用について大いに語りました。

何でも屋さんと核の平和利用について語った

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です