合法的な営業リストも。

パナマ文書の顧客情報流出、なかなか日本で熱くなりませんね。
言ってみれば何兆円という合法的脱税であって、
法改正並みに非難されてもおかしくはないのに、
当の情報を流す大企業が率先して行っていたわけで、
それで情報が流れないなら日本はそれまでの国だったということでしょうね。
顧客リスト流出などよく耳にしますけど、合法的な営業リストもあるわけで、
実は、あまり日本の法律のその実を知らない人も少なくないんです。
もちろん私も全ての法律を知っている訳ではないですから耳が痛いのですけど。
とはいえ、どんな法律が破られても、非核3原則は破られないようにしたいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です